生まれ育った環境が大人になっても影響する

日曜日は家族の日。

 

朝から地域の掃除があって

近所の公園や道端に落ちているゴミを拾いながら

1才の次男はお散歩^^

 

 

いつもは自転車で

ぴゅーんと移動しているところも

 

ゆっくり下を向いて歩いていたら

 

けっこうゴミが落ちていて

 

 

プラスチック製の袋とか

たばこの吸い殻は

 

土や水などの自然にかえらないから

 

 

すごいスッキリした。

 

 

掃除の時間が終わっても

まだまだ続けていたい感じ^^

 

 

ゴミを拾って

スッキリして

しかも実は徳も積めてて

次男もお外でお散歩できて

 

 

一石三鳥くらい^^

 

 

 

その後

 

子どもの服の衣替えやら

布団を夏布団にしたり

掃除したり

ご飯作ったり片付けたり

またご飯作ったり片付けたり

 

 

家族に尽くした一日でしたー!

 

 

 

夜は

マレーシアの姉とビデオ電話して

 

姉は

アメリカ、マレーシア、日本で会社経営をしているんだけど

 

姉とご主人の話を聞いていて

 

ご主人は日本のテレビ業界で働いておられて

 

実績もあってあちこちから引っ張りだこのご主人なんだけど

 

 

姉的には

 

映像業界で一流を目指したいなら

ハリウッドを目指しなさい、というアドバイスで

 

 

 

姉のアメリカの会社で

 

いくらでもハリウッドで働ける機会を作ってあげてきたし

チャンスなんか何度でもあったけど

 

 

どれだけチャンスがあっても

 

どれだけ能力があっても

 

海外で花開かせようとするなら

 

 

英語が話せないとダメ!

 

 

と。

 

 

流暢に話せなくても

 

意思疎通ができないと

 

仕事はできない。

 

 

と。

 

 

 

あと

 

経営者に向き不向きもあるから

 

なりたくても

 

むいてないなら

 

それを認めて

 

自分に合う道を進むのがいいと。

 

 

 

経営者は

自分で判断してどんどん決断して

スタッフの適材を瞬時に把握して

スタッフに指示していかないとダメなのに

 

 

どこかの高額セミナーで学んで

 

そこの人の教えを乞うて判断している状態では

 

経営者になれない、と。

 

 

 

 

でもね、

 

 

 

それって

 

 

生まれ育った環境によるのと

 

生まれ持った本人の特性によるから

 

大人になってからの

 

本人の努力だけでは

 

どうにもならないよねって

 

深いよねって

 

話してました。

 

 

 

子どもって

 

なににでも興味があって

 

自分でやりたがるし

 

その過程は

 

失敗するし

汚すし

壊すし

こぼすし

時間かかるし

 

大人にとったら先が見えてしまうから

 

口出ししたり、親がやったりしたくなるんだけどね。

 

 

でも

 

 

そこで親がやらずに

 

あえて

 

子どもに経験させる。

 

 

 

そんなことが

 

子どもの成長にとっては大切だよね、

 

という話をしていました。

 

 

 

 

自分も子育てをしながら

 

 

「これでいいのかな?」とか

「きつく言っちゃったな…」とか

 

毎日反省。

 

 

 

自分のところに生まれてきてくれた我が子だから。

 

自分が子どもにとって一番いいと思える親なりのベストのことを

できる範囲でやってあげたい。

 

 

 

子どものため

子どものためと言いながら

 

 

自分が成長させてもらっているママです(;^_^

 

 

 

マレーシア行きたいなー!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA