宇宙の法則の上で成功する。

昨日は経営者セミナー^^

 

結果を出している人の話は

 

世の中の原理原則に則って

宇宙の法則通りなので

 

すごく納得させられる。

 

 

 

そもそも

 

「成功」って

 

成功したから幸せになる訳ではないし

 

私にとっての成功と

 

皆さんにとっての成功は違うから

 

 

「なりたい自分になれたら成功」

 

 

というのがしっくりくるかも^^

 

 

 

 

そんな

 

法則に則った話をして下さった中で

一番響いたのは

 

 

世の中の物には必ず2面ある。

 

 

裏があれば表がある。

 

上があれば下がある。

 

明があるから暗がある。

 

思考があるから行動がある。

 

在り方があるからやり方がある。

 

 

今手元にある手帳も

 

 

表があるから裏がある。

 

始まりがあるから終わりがある。

 

表だけある手帳、裏がない手帳とかない。

 

表と同じ大きさだけ、裏がある。

 

 

右だけ大きいスマホとかもない。

 

 

必ず

 

 

バランスをとっている。

 

 

子どもも

 

悪いところだけの子どもなんていない。

 

悪いところが大きい分、良いところも同じだけ大きい。

 

今は悪くても、大人になってから活躍する振れ幅も大きい。

 

長所と短所は同じ大きさだけある。

 

 

だから人は

見た感じでジャッジしやすい。

 

 

善と悪を決めたがる。

 

正か悪かを決めたがる。

 

 

 

だから

 

 

許すことが大事。

 

 

 

いいも悪いもない。

 

 

必ず

同じだけある。

 

その裏側まで想像して

 

許す。

 

受け入れる。

 

 

 

バランスが大事。

 

 

言いたいことが言えない。

 

嫉妬、妬み、不満が心にたまってくる。

 

その心の淀みが体に広がって

 

病気になる。

 

 

なぜ貧乏になるのかもバランス。

 

入ってくるお金よりも、出ていくお金のほうが大きいから。

 

 

 

なぜ物事がうまくいかないのか。

 

それは

 

思いはあるんだけど行動が伴っていない。

 

行動はしているんだけど思いが小さい。

 

というバランスを崩している。

 

 

 

いくら「彼氏がほしい!!」と情熱を持っていても

 

こたつで一人みかんを食べていたら

 

彼氏はできない。

 

 

すべてバランスだと^^

 

 

 

私も

 

母としての側面もあれば

 

経営者としての側面もあって

 

 

仕事だけやりすぎると

子どもの心のバランスも崩すし

 

主婦業だけすると

収入は減るし

 

 

どっちかじゃなくて

 

どっちもする。

 

 

 

許すっていうのも

 

相手の為に許そうと思うと

 

許せない気持ちが出てきたり

 

自分だけが犠牲者みたいな気持ちになるけど

 

 

最近思うのは

 

許すって

 

自分の気持ちを解き放つために

自分の為に相手を許すんだなって。

 

 

 

許せない!許せない!

 

と思っている間は

 

自分が一番しんどい。

 

 

 

あともう一つ、学んだことは

 

教育先進国のフィンランドで

さまざまな国の人と対話できる能力

「グローバルコミュニケーション」の養成が重視されていて

議論や会話の時の7つのルールがあります。

 

1,他人の発言をさえぎらない。

2,話すとき、だらだらとしゃべらない。

3,話すとき、怒ったり泣いたり感情的にならない。

4,わからないことがあったら、すぐ質問する。

5,話を聞くときは、他のことをしない。話している人の目を見る。

6,最後まできちんと話を聞く。

7,どのような意見であっても、間違いを決めつけない。

 

 

役に立つルールではないでしょうか?^^

 

できているつもりでも

もう一度気を付けてみるくらいでちょうどいいかもしれません^^

 

 

 

まだ他にも学んだことがあるけど

書ききれまへん!

 

また後日に^^

 

 

今日は久しぶりに飛行機に乗って

千葉まで友人に会いに一人で行ってきます^^♬

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA