過去の延長線上に未来はない。

昨日は

子どもの検診に連れて行ったあと

プールへお見送りして

もう5時から夜ご飯にして

夜は家族みんなでゆっくり過ごした一日でした^^

 

 

私より年下の旦那さんを亡くした友人から

関東へ遊びにおいで~と誘ってもらったり

 

山梨県で算命学の美塾ランチ会の開催を企画があったり

 

兄が、金沢のばーちゃんのところへ一緒に行かないかと誘ってくれたり

 

 

私から動こうとしなくても

周りから色々誘ってもらって

 

 

動くことがエネルギーだし

人に会うのがエネルギーだし

 

気候もどんどん暖かくなってきて

 

芽が土から顔を出して

どんどん上へ伸びようとしている、

 

そんなイメージです^^

 

 

 

イメージとか感覚を特に大事にしていて

 

無意識で

 

朝起きたら

「今日はこれやって、あれやって、こんな感じだな。」

 

って

すでに今日がどんな日になるか決めていることってありませんか?

 

 

まだ始まってもないのに

 

「今日はこんな日。いつも通り。以上。」

 

みたいな。

 

無意識だから、そう思っている事にも気付いてないかも。

 

 

ルーティーンの会社勤めだったら

トラブルが起こらないことだけを望む、そんな感じかな。

 

わたしも会社員の時そうだったな。

 

 

 

 

イメージとか言葉が現実になるから

 

斎藤一人さんの元で働いておられた方が

いつも

「私はすごく不思議な話をします。」と言って毎回お話して下さるんだけど、先日も

 

 

「今日、わたしは、人生で必要な人に出会います。」

 

と言ってから動き出すと

 

自分も

 

「どの人が大切な人なのかな~」

 

っていう目線で周りを見渡して

 

気になる人の近くに座って自ら声かけて

 

話してみたらやっぱり気になるし

 

その日から第二の人生が始まった、という話をされていました。

 

 

まだ始まってもない今日を、

どんな日になるか決めつけてしまうのはもったいない。

 

それを毎日、毎月、毎年続けて

そのまま死んでいくのはもっともったいない。

 

 

なにに向かって

どこに向かって毎日生きていますか?

 

 

今の毎日を過ごして

夢は実現できますか?

 

 

夢がない人は

夢がある人にのっかる!

 

 

 

私のお世話になっている算命学の先生も

 

 

過去の延長線上に未来はない。

今日と明日の先に未来がある。

 

 

と言って下さっていました。

 

 

過去がどうだったかなんて

全然関係ない。

 

 

 

失敗って

挑戦した人にしか使えない言葉。

 

 

でも

続けている限り、ただの経験。

 

 

 

 

数年前までは

 

乗り気じゃない誘いも乗ってたな~

断ると仕事に影響するんじゃないかって思ってたかな。

 

私を誘ってくれる人たちは

向こうも私を好きだし、私も向こうを好きだし

 

関係を保つだけのお誘いはなくなったな~^^

 

 

自分が行きたかったら行くし

行きたくなかったら行かない。

 

 

自分の気持ちが下がることはしない。

 

 

断っても良好な関係を築く。

 

 

今、ほんと、イヤなお誘いとか人間関係が思い当たらない(;^_^

思い出そうとしてるんだけど

どんなんだったかな…

 

 

断れない仕事の付き合いとか

ある方は

 

「時間は命」をリアルに意識したらいいかもしれません^^

 

 

余命半年でも、その人に会いますか?

 

 

全員が、毎日死に向かってるけど

自分の命の時間を削ってまで

その人に会いに行きますか?

 

では

その人に会う代わりの

 

誰に会いたいですか?

 

 

誰と過ごす時間が

心が満たされる感じがありますか?^^

 

 

この時間に対する考え方は

人一倍強く大切にしているかも^^

 

 

 

あえて

余白を持つ時間も大切^^

 

でも、

無駄にしてもいい時間はない^^

 

 

 

 

あなたは今日にどんなイメージをもってますか?^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA