自分だけが得することはできない

(※昨日募集しました、算命の美塾ランチ会は定員になりました^^ありがとうございました^^)

 

 

 

先日

 

上司

算命学の先生

誰よりも私の未来を信じてくれている人

 

と話していた時に

 

 

 

ある駅前で

 

新発売のPRのために

ジュースを配っている方がおられて

 

一本ジュースをくださったんですって。

 

 

そのジュースは

冷蔵庫に冷やしてまだ飲んでないんだけど

 

 

コンビニに寄った時に

そのジュースを買って

 

そんな出来事があったと言いながら飲んでおられました。

 

 

 

皆さんだったら

たまたま駅に行ってジュースがもらえたら

どうしますか?^^

 

「ラッキー★」って飲んで終わるか

もし好みの味だったら次買うかな~

って感じですかね?^^

 

私だったら、缶の飲み物は砂糖が多いから

断ってるかな。

 

 

 

上司はね

 

頂いたジュースはいまだ冷蔵庫の中で

美味しいかどうかも知らないから

 

美味しいからコンビニで買ったんじゃなくて

 

「徳を循環させるために買った」んです^^

 

 

ややこしいですよね?笑

 

 

 

人からなにかをしてもらって

ラッキー! とか 得した! って思う人が多いけど

 

 

得はしてるかもしれないけど

徳は減ってる。

 

 

 

スーパーを見比べて

 

同じものだけど

 

あえて高く売られているほうで買う。

 

 

 

得をすると

徳が減る。

 

 

 

得と徳、どっちが本当のお得?^^

 

 

なにかしてもらったら

必ずして返してあげて

 

徳のエネルギーが循環するようにする。

 

 

 

 

大谷翔平選手が

 

 

球場のゴミ拾いをされていたことが注目されていましたが

 

彼は

 

有名になってからゴミ拾いをしてるんじゃなくて

 

高校生の時からゴミ拾いをしてて

 

 

その行為が

 

運・徳を積むことにつながっていると教えてもらっていたそうです。

 

 

 

 

誰かがみてなくても

誰からの褒め言葉もなくても

 

徳は積まれている。

 

 

 

そう思ったら

 

損とか得ってないな~って思うんです。

 

 

どういう「つもり」でゴミ拾いをしてるか

どういう「つもり」で買い物するのか

 

みられるのはそこの「つもり」かなと。

 

 

 

神社に行ってお賽銭も

どういうつもりでお賽銭するのか。

 

お墓参りに行って

仏花もどういうつもりで買って供えるのか。

 

 

神様、ご先祖様なんて

もっと筒抜けでみておられるだろうな。

 

 

 

 

職場とか友人関係で

 

テイカーといって

 

クレクレ星人と呼ばれる人がいますが

 

その人たちって

 

ほんとに

 

「やってもらってラッキー!」だけで終わってるのかな?

 

 

信頼とか

友情とか

失わないのかな。

 

信頼失ったら

仕事も失うし

お金も失うし

 

自分だけが得して終わる、なんてあり得るのかな?

 

 

 

会社の社長も

 

「損して徳取れ」っていつも教えてくれています。

 

 

「損するくらいがちょうどいい」と。

 

 

 

自分が得を感じたら

 

その得を誰かにまわしてあげて

 

徳が減らないようにする。

 

 

 

ご飯をご馳走する時も

 

その人にご馳走することで

その人から恩が返って来て自分を大切にしてもらえる。

 

 

だから

結局

 

損も得もないなって。

 

 

損したら得するし

得したら損する。

 

 

徳を大事にする。

 

 

 

最近は

 

そういう見えない世界を大切にしている方々とのご縁が多く

 

アラフォーになっても

深い学びの連続です^^

 

 

最近、どんな徳を積みましたか?^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA