人にイライラしているようで結局自分にイライラしている。

4月2日に

保育園で

新年度説明会があって

 

まぁまぁ重めな話があり

親御さんからも

次から次へと質問が投げかけられ

だからと言って誰もスッキリした顔をすることがなかったあの日から

 

 

気付けば6人も生徒さんが

辞めておられたのに気付いた(笑

 

ママ達の決断早っ (;^_^

 

 

3月に幼稚園に進学された方も含めたら

一カ月前より10人くらい減っちゃった。

 

もともと23人くらいしかいない

小さな保育園だったから

 

めちゃくちゃ人数減っちゃった。

 

 

でも

3才の息子はあまり気付いていないようで

 

いつも通り

楽しく保育園に通っています(笑

 

 

 

昨日は夫とランチ。

 

私から誘うことはあんまりないんだけど

 

私が仕事で忙しくしだして

 

ライフスタイルの核である「家族」が

幸せでないと

心から応援してもらえる状態じゃないと

 

力を発揮できないと思うから

 

久しぶりに色々話をする機会を作りました。

 

 

 

やはり

 

夫も色々不満がたまっていたようで(笑

 

 

これね、

ご自身のご家庭のやり取りでも

似たようなことが起きていると思うので

言葉や内容を置き換えたりしながら聞いてみて下さいね。

 

 

 

夫:「妻に対してイライラする。なぜなら、仕事の結果が出ていないから。」

 

夫:「子どもに対してイライラする。なぜなら、言う事を聞かないから。」

 

 

 

人に対してイライラしていることを

「自分」に置き換えて、そのエビデンスを思い出してみる。

 

例えば

 

夫:「自分に対してイライラする。なぜなら、仕事の結果が出ていないから。」

 

夫:「自分に対してイライラする。なぜなら、言う事を聞かないから。」

 

 

これのエビデンス(証拠)をそれぞれ3個以上見つけ出す。

 

 

 

 

次に

主語を置き換えます。

 

妻は夫にイライラする。なぜなら、仕事の結果が出ていないから。」

 

子どもは父にイライラする。なぜなら、言う事を聞かないから。」

 

 

これのエビデンス(証拠)もそれぞれ3個以上見つけ出す。

 

 

 

最後に

文章の最後を変えます。

 

「妻にイライラしません。なぜなら、仕事の結果が出ているから。」

 

「子どもにイライラしません。なぜなら、言う事を聞くから。」

 

 

これらのエビデンスも3個以上見つけ出す。

 

 

逆の立場になってみたり

文章を肯定文にしてみたり

 

頭の中でややこしくなるかもしれませんが

 

エビデンス、必ずあるのでよく思い出してみてください。

 

 

 

結局、

 

「妻に対してイライラする。なぜなら、仕事の結果が出ていないから。」

 

「子どもに対してイライラする。なぜなら、言う事を聞かないから。」

 

 

これはね、

妻と子どもに原因があるように思うけれど

 

このワークをすると

原因は自分にあることがわかる。

 

 

原因は自分にあるのに

 

コントロールできない他人のことで

イライラしている。

 

 

なんで太陽は眩しいんだ!

ってイライラしているのと同じですね。

 

 

イライラ怒っている人は

 

他人にイライラしているんじゃなくって

 

結局

 

自分自身にイライラしている。

 

 

だから

妻や子どもの問題のように思えて

 

自分自身の問題。

 

 

自分を苦しめることができるのは

自分のみ。

 

 

 

ということを

先日申込んだセミナーで学んでいます!!(笑

 

 

 

 

 

私が学んでいる講師の方はこんな方です。

ジャネット・アットウッドさん

 

本田健さん×ジャネット・アットウッド プレゼントセミナー
「セルフラブ:自分を癒して世界を癒す」
https://youtu.be/Mfrp8pI4S00

 

 

 

今日も午前中ジャネットさんから学んできます^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA