男は追うより追わせるくらいがちょうどいい

夫の

すごいなと思うところは

どんな妻も

大好きなところ。

朝起きて髪の毛ボサボサの妻も

めっちゃ不機嫌で当たり散らしてる妻も

落ち込んでネガティブな妻も

他の女性に目がくらむ隙は一ミリもなく

よくもまあ

大好きで居続けられるな~と。

うちの夫婦は

記念日は

夫が妻が行きたいお店に連れて行ってくれて

お食事に出掛けるんだけど

妻の誕生日とか

結婚記念日とか

夫は毎回妻に日頃の感謝を綴った手紙をくれます。

妻から夫に手紙はないけど(笑

夫の誕生日の時は

夫が大好きな手料理を作って

子どもも一緒に

「ハッピーバースデー」を歌う。

夫に

「手紙とかないの?」と言われるけど

「ない。」

手紙ってね、

今思っている感謝とか好きとかっていう思いは

数年後には変わってたりするから

そんな過去のことを

いつまでも文字で明確に持っておかれるのはイヤで><

昔、学生の時

日記を毎日書いていた時があったけど

後で振り返ったら

見れたもんじゃない。笑

見返すこともないのに

じゃあ次は

どうやって処分しようって困って

誰かに見られたくないし…

だから日記も書かなくなりました。

(でも

また

ブログを書いている

ということに今気づいた…!(;^_^)

なので

昨日は

手紙には書かないけど

夫に感謝の気持ちを伝えました。

「落ち込んでいる時も

怒っている時も

どんなわたしのことも

いつも受け止めてくれてありがとう。」

そしたら夫は

「当たり前や。」

「一生一緒にいるで。」

と。

ご覧の通り

我が家は

どちらかと言うと

妻が男役で

夫が女役。

妻に

恋愛体質感はまったくなく

重たい女でもなく

追いかける女でもなく

あっさりさっぱり

一緒じゃなくてもそれぞれの道も全然ありやん

と思っている男役。

夫に

他の女性に目がくらむことはなく

浮気とか不倫にまったく興味がなく

一人になりたいと言いながら寂しがり屋で

俺あと60年生きるから、あと60年生きてくれと言う

一生一緒に添い遂げたい女役。

夫に限らず

男性は

追うより追わせるくらいがちょうどいいですね^^

こんな夫も

もし私が

夫のことを追うタイプの女性だったら

夫は私のことをこんなに追わなかったと思う。

自分の魅力をわかっていない

私から去ろうとする男なんて

こっちから願い下げだぜ!!!

くらいの勢いでちょうどいいかも^^

最近ブログを見始めて下さった方は

どんな夫婦関係かわからないかと思いますが

上の一連の流れに

妻ののろけは一切なく

まるで人様の旦那様のように

「あの旦那さんって、奥さんのこと大好きですごいよね~」

という

客観的視点でとらえており

これは

妻の思い込みではなく

妻大好きな夫は

もちろん妻のブログを毎日みているので

夫もブログの内容はよく理解しております。

でも

私たち夫婦も

初めからこんな関係性だった訳でもなく

夫がやらかした

山あり谷あり人生を

正常な神経の奥様なら出ていくところを

ちゃんと支え続けてきたから

夫したら

「この妻しかいない!」

くらいの思いになっているのかもしれません。

まぁ

二人の関係は

二人でじっくり築いていくものですね^^

その過程で

別れがあっても自然なことだし

別に離婚が悪いとか全然思わないし

御縁あって夫婦になったのなら

あとは二人で築き上げていったらいいですね^^

それもあとで振り返ったら

全部楽しいですよ(^_-)-☆

夫へ

山あり谷ありの起伏をもう少し和らげて下さい。

#妻が大好きな夫#手紙を書く夫#手紙を書かない妻#記念日#次の記念日に行きたいお店はもう決めています#結婚記念日#誕生日#手紙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA